建学の精神 | 学校法人 鈴鹿享栄学園学校法人 鈴鹿享栄学園

image image

建学の精神

建学の精神

鈴鹿享栄学園の源流である、享栄学園の創立者 堀 栄二先生は、明治38年(1905)渡米、8年間アメリカで勉学し、当時としては新しかったアメリカ的商業教育を導入した実践的な努力家でした。大正2年(1913)帰国するや、逸早く享栄ビジネスカレッジを創立しました。次いで、享栄デパートを創立、一時期は貿易商の社長をも兼ねるなどの活躍をしながら、教育と経済社会とを結びつける、いわゆる「実社会に役立つ教育」の実践を行いました。
享栄ビジネスカレッジは、その後享栄貿易商業学校と進展しましたが、創立者が常に生徒に説いたのは、世界的視野、進取実践、貿易立国等でした。しかし、精神的にはアメリカナイズされることなく、日本を愛し、日本の文化、歴史を大事にしました。また私的な面では、家庭生活において、大層仏教に帰依し、昭和5年(1930)には、享栄寺本堂をも建立して、自分自身の信仰だけに止まらず、広く有縁者に宗教的影響を与えました。

昭和21年(1946)創立者の後をうけて学園の責任者となった堀 敬文理事長は、創立者の教育に対する考え(いわゆる建学の精神)をどのように表現するかについていろいろ考えました。

当時のわが国は、食糧をはじめ極度に物資不足に悩み、国民は敗戦のショックで何を信じてよいかわからず、なにかにつけて不信感で満ちていました。このような時代において、わが学園を、誠実さを基にして生徒は教師を信頼し、教師はまた生徒を信頼することのできる教育の場にして、ここで培った信頼感を社会に広げたいと念願し、「誠実で信頼される人に」という校訓を掲げ、更にその具体的目標として、堀 敬文理事長は次の諸点をとりあげました。

 

あてになる人物になろう

あてになる人物とは、頼りになる人、信頼できる人、頼もしい人のことである。付和雷同しない思慮の深さと意志の強さをもつ人、和して動じない勇気をもつ人である。お互いに不信をいだかなければならないような社会ほど不幸な社会はない。現代人の危機は、人問がお互いの信頼性を欠いている点にあるのではなかろうか。

働くことの喜びを知ろう

日本人は、本来勤勉な国民である。戦後の荒廃から立ち上がり、今日の経済的繁栄をもたらしたのは日本人の勤勉さの賜である。勤勉な資質の裏付けがあってはじめて、豊かさを享受することができ、生活にゆとりを持つことが可能となろう。われわれは自己の仕事を愛し、仕事に忠実であり、仕事に打ち込むことができる人でなければならない。

全力をふるって事にあたる体験をもとう

勉学であれ、スポーツであれ全力を傾けて打ち込むことが望ましい。例えば、スポーツで、炎天下体力の限界ぎりぎりまで、強力な精神力で自己に打ち克つといった体験をすることが非常に貴重である。こうした体験は、本人の自信にもつながり、実社会にでても大いに役立つことであろう。実社会でスポーツ選手が歓迎される所以もここにある。

感謝の気持ちと畏敬の念をもとう

創立者は、感謝の念の強い人であった。仏教に帰依し、昭和5年(1930)に享栄寺本堂を建立したのもこの感謝の念からであった。たえず不平不満を感じる人ほど不幸な人はない。小さな好意や親切にも感謝できる人は幸福である。感謝の念に裏付けられて社会は明るくなり、健全な進歩が期待されるのである。また、われわれは生命の根源に対して畏敬の念をいだくべきである。われわれは自ら自己の生命を生んだのではない。われわれの生命の根源には父母の生命があり、民族の生命があり、人類の生命があり、宇宙の生命がある。ここにいう生命とは、単に肉体的な生命を指すのではない。われわれには精神的な生命がある。このような生命の根源に対する畏敬の念が真の宗教的情操であり、人間の尊厳と愛もこれに基づいて生ずるのである。

正しく日本を愛し、国際的視野を広げる人になろう

創立者は、長らくアメリカに滞在し国際的視野を身につけ、技術的にはアメリカのものを多く導入したが、精神的には強く日本のよさにひかれ、国を愛する念が強かった。今後ますます進展する国際化時代を迎え、国際社会で活躍していくためには、正しく日本を愛し、その上で、国際的視野を広げ、異文化を理解し、人間愛に基づく広い視野をもって、国際社会の要請に応えていかなければならない。今日、世界において、国家に所属しないいかなる個人もなく、民族もない。国家は世界において最も有機的であり、強力な集団である。個人の幸福も安全も国家によるところが極めて多い。自国の存在に無関心であり、その価値の向上に努めずして、その価値を無視したり、その存在を破壊しようとする者は自国を憎むものである。われわれは日本を正しく愛さなければならない。

Eiji Hori, the founder of this institution was a practical and hard-working man who from 1905 studied in the United States for eight years. He then introduced American-style industrial arts education to Japan, something that was new for that era. Upon his return to Japan in 1913 he quickly established the Kyoei Business College. This was followed by the establishment of the Kyoei Department Store. While temporarily serving as the president of a trading company, he proceeded to blend education with the economy of actual society. He put into practice the slogan "Education that benefits society".

While Kyoei Business College became Kyoei Trade School and then Kyoei Industrial School it always maintained the importance of such concepts as possessing a global viewpoint, having enterprising practicality, and establishing trade,. However, in his heart, Mr. Hori was never Americanized. He loved Japan and respected its history and culture. He and his family returned to Buddhism and in 1930 the Kyoei Temple was erected so that his faith would not be limited to himself but could also have a religious effect on all who knew him.

In May of 1946 I became the person responsible for this institution. At that time I had to consider how I would express the teachings of the founder. There were shortages of food and other commodities. The people of Japan were still shocked by the loss of the war. They didn't know what to believe in and were filled with despair. It was under these conditions that we offered a place founded in sincerity where students could respect their teachers and teachers could respect their students. Thereby nurturing the school creed "Become a sincere and reliable person". To realize this the following objective goals were established:

Become a reliable human being.

A reliable person is earnest, trustworthy, and dependable. A person brave in peace, of strong will, and deeply resolved not to follow blindly the will of others. There is no society more unhappier than one in which its people cannot rely on one another. Could it not be that the danger faced by modern man is that people have neglected to trust one another?

Know the joy of working.

The Japanese are in essences a people that study. The reason Japan rose from the ashes of war to the economic prosperity of today is because of the ability of its people to study. Once one is backed with the disposition to study one can then receive abundant benefits that make fullness in life possible. We must be people that love the work we do, be devoted to that work, and become absorbed in it.

Put forth all your energy into your experiences.

Pour all your energy into whatever you do, be it study or sport. In sports you should take your natural abilities to their limits. In study you should challenge your strong spirit with new experiences. It is through these experiences that you will gain the confidence that will be of great value to society. This holds true for professional athletes.

Be grateful and reverent.

The founder of this institution was a man of deep gratitude. It was because of his sense of gratitude that he returned to Buddhism and in 1930 built the Kyoei Temple. There is no person more unhappy than one who always complains. A happy person is grateful for even the smallest act of goodness or kindness. One who has a sense of gratitude will make society brighter and can expect to progress in good health. Moreover, we should have a sense of reverence for the source of our life, as we cannot give life unto ourselves, The source of life is the life of our mothers and fathers; it is the life of our people; it is the life of mankind; it is the life of the universe. Life is not simply what we see in flesh and bone but also has a spiritual element. It is this sense of reverence towards the source of life that forms the essence of religious sentiment and from which is borne the respect and love of man.

Become a person who loves the best of Japan and has an international outlook.

The founder spent many years in America and developed an international outlook. He introduced American technology to Japan. Yet these things gave him a deep appreciation of the goodness of Japan and increased his love for it. In the future, as we progress into an age of internationalization and participate in a global society, we must love the best of Japan and then widen our international outlook so that we can understand cultures that are different from ours. Based on a foundation of love for mankind, we must widen our view to meet the needs of a world-wide society.

In the world of today, there are no individuals or groups of people that do not belong to a nation. A nation is the strongest group and the most organic in the world. Large numbers of people obtain their safety and happiness from nations. Yet there are people who do not appreciate the existence of the own country. The number of people who ignore the value of their country, who do nothing to improve its value, or who try to destroy it, are increasing. Therefore, we must love the best of Japan.

沿革

  鈴鹿高等学校 鈴鹿中学校/鈴鹿中等教育学校
1962 12月 三重県知事より鈴鹿高等学校の設置が認可される(享栄学園創立50周年記念行事の一環として、鈴鹿市の協力を得て、学校の開設を申請していた) 。  
1963 4月
    鈴鹿高等学校開校(全日制普通科・商業科)(男女別学級)(旧平田野中学校校舎を仮校舎とする)。
初代校長に享栄学園理事長、堀敬文が就任する。
 
1965 12月 校舎1期工事が庄野町に竣工し、現在地へ移転する(学校創立記念日とする。)。  
1966 3月 新体育館兼講堂竣工  
1967 6月 第1期生卒業式典  
1968 2月 図書館棟竣工  
1970 4月
    定時制家庭科を鐘紡鈴鹿工場内に設置する。
全日制普通科・商業科ともに男女共学とする。
 
1971 4月 定時制に普通科を設置する。  
  10月 第2代校長に小林良雄が就任する。  
1973 11月 創立10周年記念式典  
1974 4月 第3代校長に飯田清が就任する。  
1979 3月 定時制課程を廃止する。

武道場竣工
 
1980 4月 定時制に普通科を設置する。  
1983 11月 創立20周年記念式典  
1985 10月   三重県知事より鈴鹿中学校の設置が認可される。
1986 2月   校舎1期工事竣工
  4月   初代校長に伴利也が就任する。 開校記念式典
1987 10月   校舎2期工事竣工
1988 4月 第5代校長に山川正文が就任する。 第2代校長に山川正文が就任する。
  8月 創立25周年記念事業(山岳部インドヒマラヤ遠征)  
1989 3月 商業科の募集を停止する。  
1990 1月   校舎2期工事竣工
1992 3月   第1期生卒業式
  4月   編入制度を開始する。
1993 4月 第6代校長に堀敬紀が就任する。 第3代校長に堀敬紀が就任する。
  10月 創立30周年記念式典  
1994 4月 類別体制を実地する(Ⅰ類、Ⅱ類、Ⅲ類体制)  
1996 11月   創立10周年記念式典
1998 4月 第7代校長に藤田敏夫が就任する。 第4代校長に藤田敏夫が就任する。
2001 4月 第8代校長に山中保一が就任する。 第5代校長に山中保一が就任する。
  9月   創立15周年記念式典
2002 3月   併設型6年一貫中学・高等学校申請
2003 4月 第9代校長に堀敬紀が就任する。 第6代校長に堀敬紀が就任する。
  9月 40周年記念館竣工

創立40周年記念式典
 
2006 4月 第10代校長に伊藤弘が就任する。 第7代校長に波伊藤弘が就任する。
  11月   創立20周年記念式典
2007 3月   西館校舎竣工
2008 4月 第11代校長に山中保一が就任する。 第8代校長に山中保一が就任する。
2009 3月 サブアリーナ(第2体育館)竣工  
  4月 創造・探究コースに名称変更する。  
  12月 新校舎棟竣工  
2010 4月 探究コースにSクラスを設置する。  
2011 11月   創立25周年記念式典
2012 4月 第12代校長に的場敏尚が就任する。 第9代校長に波田野壽が就任する。
2013 4月   医進・選抜コースを設置する。
  11月 創立50周年記念式典  
2014 4月 法人分離により、学校法人鈴鹿享栄学園となる。  
2015 4月   第10代校長に渡辺久孝が就任する。
2016 12月 新武道場竣工  
2017 3月 情報メディア教育センター竣工  
  4月   鈴鹿中等教育学校を開校する。

ページトップへ戻る