進路情報

進路実績

それぞれの夢、それぞれの進路の実現に向けて


自分自身と向き合う時間を積み重ねる

6年間をかけて、それぞれが将来どのような生き方をしていきたいのかについて向き合う、キャリア教育を積み重ねていきます。 志を高く持ち、最後まで努力し続けられる動機づけを大切にします。


生徒×保護者×教員 コミュニケーション

生徒本人の意思を尊重し、保護者と教員が一体となって生徒の目標達成をサポートします。 生徒とはもちろん、保護者の方とのコミュニケーションも大切にしています。


大学との連携、キャリア教育プログラム

キャリアを考えるきっかけや、進路実現のサポートとなるような、キャリア教育プログラムを実施しています。 大学の医学部や病院、医学部進学情報に詳しい予備校などの協力により実施する「医系進学者育成プログラム」、東京大学や京都大学の研究内容に触れる 「最難関大学突破プログラム」などがあります。また卒業生とのつながりも大切に、東京大学に在学中の先輩たちから直接話を聞く「東大ツアー」も実施しました。




インタビュー:進路指導部長

進路指導の意義

本校の生徒は大学進学を希望して本校に入学します。しかし、入学した時点で大学に進学する目的を明確に持っている生徒は決して多くはありません。6年をかけて社会や世界の課題を知り、自分と向き合うことによって、明確な目標とともに自ら進路選択をできるようになることが理想です。これまで進路を考える際には、〝どこで学ぶか(どの大学に入るか)”〝どこで働くか(どこに就職するか)”のように「場所」が重視されてきました。しかしICT・IoTによって世界がどんどん小さくなった今、どこでも誰とでも協働できる力をつけることが必要です。そのためにも共通理解としての基礎的な学問知識や技能の習得を主軸に置きながら、様々な経験を積み重ね、自分らしい進路実現を図るためのきっかけづくりを用意しています。

 

キャリア育成プログラム

自分らしい生き方を考えるという意味でのキャリア教育は日常的にあらゆる場面で行われるべきものです。しかし日常生活では社会と直接接点を持つ機会はそう多くはありません。そこで本校では医系進学者育成プログラム、最難関大学突破プログラム、東京大学ツアーなどの進路指導部主催のキャリア育成プログラムを実施しています。加えて1年生・2年生には職業観や勤労観を醸成する機会も考えています。進学校として大学進学を見据えながらキャリア意識を育てるためには、多様な学問の魅力に出会うことはもちろんのこと、学問の可能性や社会とのつながりを知ることによって、他者との協働や誰かの力になりたいという社会貢献の意識を育てることも大切だと考えています。これらのプログラムに組み込んでいるのが3年生または4年生による課題研究発表です。講演の前座として発表を行いご高評いただきます。生徒たちにとっては大学や研究者のレベルの高さを体感し、探究を深めるヒントを得る機会になるとともに、本校の生徒たちの取り組みを外部へ発信することで高大接続の自然な流れをつくる機会にもなっています。種々の取り組みを総合することによって、学校全体で力を入れて取り組んでいる課題探究活動や総合的な学習の時間の取り組みが、キャリア教育として高い価値を持ち始めています。

進路を実現する力の育成

明確な進路目標の必要性は前述の通りですが、実現のためには当然そこで求められる学力と制度としての入試に対応する力が必要です。学力増進についていえば本校はこれまでも「確かな学力」を育成することを大切にしてきました。基礎基本を丁寧に積み重ね、仲間との協働的な学びや課題解決型の授業など6年間の積み重ねによる「確かな学力」を育んできた経験があります。大学入試改革による多面的・総合的評価への対応も前述の課題探究活動を一例として進んでいます。各生徒が研究の手法を知り、探究を深めれば深めるほど、教科書レベルの知識とそれらを応用する思考力の必要性を実感します。それがモチベーションとなり日常の学習への取り組みが主体的になります。それこそが今回の教育改革・入試制度改革の企図するところだと思うと同時に、本校の目指す教育が評価されるべきものであると確信しています。