中高一貫教育について
Integrated Education

柔軟なカリキュラムで、中高一貫教育のメリットを最大化


1日7限授業で生み出されるゆとりの時間

授業日は月~金のみで1日7限授業のため、土日を部活動や各自が興味を持つ様々な活動、日ごろの学習の補充など、主体性を持った時間の使い方ができます。
また多くの土曜日に自習ができるよう学校の開放を行っています。 ※1、2年生の特進コースは6限の日が週1日あります。


中高一体の柔軟なカリキュラム

高等学校科目の一部を3年次に先取りで履修し、後期課程進級時に単位として認められます。
そのため6年生では大学入試に備えて多くの時間が確保できます。入試問題演習を重ねることもまた、学びを深めていくアプローチのひとつです。


基礎の定着と向上心を育む2コース制度

入学時より「特進コース」と「医進・選抜コース」に分かれます。
特進コースでは学習の基礎・基本を確実に習得し、希望する大学への進学を目指します。
医進・選抜コースでは、医療関係他難関大学を目指した学習面はもちろん、あらゆる場面でリーダーシップを発揮できる生徒の育成を目指します。
一定の基準をクリアすると特進コースから医進・選抜コースに毎年コース移動ができます。両コースの生徒にとって向上心とモチベーションを維持する機会となっています。



中高一貫教育の特長を活かしたカリキュラム