お知らせ
News

2019.5.13

学校生活

英語検定準2級以上取得者 51%(中学校卒業段階)

大学入試改革において、大学ごとに英語検定等の資格取得の活用が検討(一部では既に実施)されていますが、鈴鹿中学校の英語検定資格取得状況をお知らせします。

2018年度3年生(現4年生)の鈴鹿中学校卒業段階で、
準1級1名、2級6名、準2級44名、3級39名、4級10名、未取得者1名。
国の中学3年生(卒業時)の推奨目安とされる3級以上は、本校は、90名で学年全体の89%(全国平均の2倍、昨年度79%)です。
準2級以上となると、51名で51%(昨年度52%)を占めます。

今春入学した中等教育学校1年生の小学校までの取得状況は、
2級1名、準2級1名、3級6名、4級8名、5級17名、そして未取得者が84名にすぎません。
今後3年間で、昨年度の3年生を上回る2級以上10名以上、準2級以上70%以上(生徒3人に2人)、3級以上100%を目指します。