災害時の対応 | 鈴鹿享栄学園 鈴鹿高等学校

ホームアクセス資料請求・お問い合わせプライバシーポリシー
受験をお考えの方へ在校生・保護者の方へ卒業生の方へ企業・近隣住民の方へ中高一貫校のHPはこちら

災害時の対応

災害時の対応

暴風警報の
対応について

各情報発令時の本校の
対応について

東海地震情報発令時の
対応について

災害用伝言ダイヤルの
利用方法

避難所の
確認について

台風・豪雨時等の
対応について

非常食

避難用品

救出・対応用品

衛生管理

各情報発令時の本校の対応について

1.「東海地震に関連する調査情報」発表時の対応
原則として授業を行うが学校行事等については、関係機関の勧告によって中止する場合もある。
2.「東海地震注意情報」発表時の対応
①授業中の場合
東海地震注意情報が発表された時点で、すべての授業・学校行事を中止し、関係機関と連絡をとり、下校か学校待機か判断する。下校と判断した場合は、全校集会等によりその後の行動について連絡を徹底した上で下校させる。なお下校時はなるべく集団で下校させる。
②在宅時の場合
全生徒は登校を見合わせ、自宅待機する。避難対象地区内に居住する生徒は、警戒宣言が発令され次第、避難場所へ避難できるよう準備する。他の生徒も各家庭で耐震対策等にあたる。
③登下校時の場合
登下校の途中、東海地震注意情報の発表を知った時点ですみやかに帰宅する。
2-1.東海地震予知情報“警戒宣言”が発令されない場合
地震防災対策強化地域判定会で、「観測データの異常が東海地震に結びつかず、当分の間警戒宣言の発令はない」と結論された場合は、原則として結果発表の翌日より平常授業の体制に復帰する。
2-2.東海地震予知情報“警戒宣言”が発令された場合
警戒宣言は、以後、数時間から3日以内に大地震が発生することが予想されるという警報である。生徒は自宅待機し、特に避難対象地区内に居住する生徒は自治体の勧告に従い、避難場所へ避難する。他の生徒も各家庭で耐震対策等にあたる。
2-3.東海地震予知情報“警戒宣言”が解除された場合
原則として発表の翌日より平常授業体制に復帰する。ただし、交通手段の確保が困難で登校できない場合は、自宅に待機して学校に連絡すること。
3.大規模地震が発生した場合
ここでいう大規模地震とは、本校において強い揺れを感じ、周辺地域に家屋の倒壊・火災・交通機関の途絶などが予想される場合(めやすとして鈴鹿市において震度5強以上の地震が発生した場合)、または県内に震度6弱以上の地震が観測され、県が第三非常配備体制を発令した場合をいう。
①授業中の場合
生徒は定められた手順で避難し、教職員の指示により、役割に従って行動する。下校については、公共交通機関の運行状況に関わらず、安全面を考慮し保護者が迎えに来るものとする。
生徒の引き渡しについては、本校発行の生徒引き渡しカードを用いて下校手続きを行う。
保護者が迎えに来ない場合や連絡がつかない場合は、学校で待機継続する。
②在宅時の場合
すみやかに身の安全を確保する。避難対象地区内に居住する生徒は周囲の状況をよく確かめた上で避難所へ避難する。危険をおかす行動は絶対にとらないこと。
③登下校時の場合
徒歩・自転車通学生徒は、すみやかに身の安全を確保し最寄りの避難所へ避難する。公共交通機関利用の生徒は、車内放送をよく聞いて、乗務員の指示に従って落ち着いて行動し、最寄りの避難所に避難する。
④学校への連絡について
生徒は上記②③に該当する場合は、必ず被災状況等を学校まで連絡する。その際は、災害用伝言ダイヤルを使用する(以下参照)。また、本校職員が、次のいずれかの方法により、安否確認・被害調査を行う。
1.自宅に電話
2.自宅電話番号を暗証番号とした災害用伝言ダイヤルで確認
3.最寄りの避難所に出向き調査
⑤大規模地震発生後の授業の再開
通学路、交通機関、施設、周辺地域などの状況を総合的に判断し、学校再開の時期を決定する。学校施設や周辺地域の被害が軽微で十分な安全が確保され、主要交通機関・通信が復旧している場合は、学校から登校の日時を「ホームページ」「メール配信(絆ネット)」で伝える。
生徒の安否確認・被害調査については、災害用伝言ダイヤル「171」を利用する。
【安否に関する学校への報告方法】
「171」→「1」→「○○○○(自宅の電話番号)」→「録音」
【学校の再開など、学校からの連絡確認方法】
「171」→「2」→「059-378-0307(学校の電話番号)」→「再生」

東海地震情報発令時の対応について

「東海地震に関する情報」の種類について
「東海地震に関連する情報」には、異常の発生状況に応じ、危険度の高い順に「東海地震予知情報=警戒宣言」、「東海地震注意情報」、「東海地震に関連する調査情報」の3種類がある。

災害用伝言ダイヤルの利用方法

災害用伝言ダイヤルとは、大規模な災害が発生した場合に運用されるシステムで、家族に安否・居場所などを知らせる会話を30秒以内で録音・保存できる声の伝言板です。
「171」へ電話をかけ、音声案内に従って市外局番からはじまる自宅の電話番号などをダイヤルして伝言を吹き込みます。録音された伝言を聞く場合も同様に「171」に電話をかけ、案内に従ってダイヤルすれば全国どこからでも聞き取れます。伝言の保存期間は2日間。録音・保存できる伝言は被災の範囲や被害の大きさによって設定されますが、数件から最大10件となります。伝言の録音・再生とも通話料以外の料金は必要ありません。携帯・公衆電話からも利用可能です。ただし平常時は運用していません。
家族で災害用伝言ダイヤルについて話し合い、被災した場合に利用することを確認しておいてください。
1.安否・被害状況についての学校への連絡方法
「171」→「1」→自宅の電話番号[(****)**-****〕→「録音」
(注)携帯電話の番号は利用できません。
(例)「1年1組鈴鹿太郎本人です。自分も家族も無事ですが、自宅は全壊し、現在東小学校に避難しています。」
(例)「1年1組鈴鹿花子の母親です。本人は、腕を骨折し、○○病院に運ばれましたが、命に別状はありません。父親は勤務先の工場が倒壊し、怪我をしましたが私と一緒に自宅にいます。自宅の被害は軽く、現在自宅にいます。」
2.学校の再開について確認する場合
「171」→「2」→[059-378-0307」→「再生」
(例)「鈴鹿中学校・鈴鹿高等学校です。学校の再開については現在検討中です。学校から連絡があるまで自宅で待機していてください。」
※詳しくは
NTT西日本「災害用伝言ダイヤル(http://www.ntt-west.co.jp/dengon/)」等をご覧ください。

避難所の確認について

警戒宣言が発令された場合または東海地震が発生した場合に備えて、自宅周辺・通学途中に設けられている避難場所を確認しておく。また、家族同士の連絡方法なども確認しておく。
鈴鹿市防災マップ(学校周辺) → http://www.city.suzuka.lg.jp/safe/pdfs/002_001_005.pdf

備蓄状況

非常食

品 目 備蓄数量 保管場所
非常食(パン) 2912食分 備蓄倉庫
非常食(α米) 2250食分 備蓄倉庫
水(500ml) 3192本 備蓄倉庫
水(2L) 240本 備蓄倉庫

※非常食・水については、消費期限の関係上H29以降も毎年購入を行います。

避難用品

品 目 備蓄数量 保管場所
簡易トイレ 3000回分 備蓄倉庫
毛布 50枚 備蓄倉庫
保温アルミシート 2,000枚 備蓄倉庫
発電機 2台 ベルホール倉庫
ガス発電機 1台 ベルホール倉庫
大型投光機 2台 ベルホール倉庫
室内用投光機(LED) 4台 ベルホール倉庫
ランタン(ソーラー式) 10ヶ 備蓄倉庫
遠赤外線暖房機 2台 トレーニングルーム
石油ストーブ 5台 進路室 他
コードリール(屋外・室内用) 10ヶ以上 備蓄倉庫
(技美室・広報)
USBポート(16ポート) 2ヶ 備蓄倉庫
スマートフォン充電用ケーブル 20ヶ 備蓄倉庫
ポリタンク(灯油・ガソリン用) 10ヶ 備蓄倉庫
ウォータータンク 10ヶ 備蓄倉庫
灯油ポンプ 2ヶ 備蓄倉庫
ガソリン携行缶 2ヶ 備蓄倉庫
乾電池 類 校内有 事務室
トイレットペーパー 校内有 各棟倉庫
ゴミ袋 10,000枚以上 各棟倉庫
チャッカマン 0ヶ -
ガスコンロ 8台 調理室
業務用大鍋50cm 1ヶ 備蓄倉庫
ガス炊飯器 4台 調理室
割り箸 5,000本 備蓄倉庫
紙皿(ボール型) 2,000枚 備蓄倉庫
紙コップ 3,000個 備蓄倉庫
蚊取り線香(大) 1セット 備蓄倉庫

救出・対応(状況把握・共有・周知)用品

品 目 備蓄数量 保管場所
防災ラジオ 2ヶ 職員室
生徒引渡しカード 生徒数分 備蓄倉庫
地図(校内) 1式 備蓄倉庫
地図(近隣) 1式 備蓄倉庫
トランシーバー 5台 備蓄倉庫
拡声器 2台以上 備蓄倉庫 他
レスキューセット 3セット 記念館、③⑥職員室
担架 3ヶ 保健室、記念館入口
ホワイトボード 4ヶ以上 各会議室
ホワイトボードマーカー 10本以上 備蓄倉庫 他
油性ペン等 20本以上 備蓄倉庫 他
フセン 20ヶ以上 備蓄倉庫 他
軍手(イボ付) 204組 備蓄倉庫
ニトリルゴム手袋 1000組 備蓄倉庫
ガムテープ(布) 60ヶ 備蓄倉庫
トラ柄テープ 2ヶ 備蓄倉庫
ダンボール 校内有 印刷室 他
ラップ(50m) 30本 備蓄倉庫
懐中電灯(ソーラー) 10ヶ以上 ヶ以上 備蓄倉庫・事務室
ヘルメット 14ヶ 備蓄倉庫
誘導棒 15ヶ 事務室
シャベル 校内有 体育科、野球部
のこぎり 5本以上 技美室
折り畳み式リアカー 1台 備蓄倉庫
一輪車 5台以上 体育科、野球部

衛生管理

品 目 備蓄数量 保管場所
常備薬(頭痛・腹痛) 校内有 保健室
消毒液(本体800ml) 7本 備蓄倉庫
消毒液(詰め替え4.5l) 4本 備蓄倉庫
包帯 校内有 保健室
バンドエイド 校内有 保健室
ナプキン 校内有 保健室
タオル 510枚 備蓄倉庫
マスク 500枚 備蓄倉庫
ティッシュペーパー 180箱 備蓄倉庫

「暴風警報」または「特別警報」が三重県北中部地方に発令された場合の対応について

≪平常授業時≫
●発令中
登校を見合わせて自宅で待機する。
●午前10時までに発令が解除された場合
解除後2時間をめどに授業開始予定
●午前10時を過ぎても発令されている場合
臨時休校(家庭学習日)とする。
●始業後に発令された場合
生徒の安全を最優先に考えて対応する。
≪定期考査期間中≫
午前6時の時点で発令されている場合、臨時休校(家庭学習日)とし、その日の考査を考査最終日の翌日(翌日が休日の場合は、次の登校日)に実施する。
≪午前授業時≫
午前7時の時点で発令されている場合、臨時休校(家庭学習日)とする。

【スクールバスの運行】

四日市方面スクールバス(冨士交通)
始発(6:55)の時点で発令されていれば運行を見合わせとする。
その後、10時までに解除されたときは解除から30分後に運行を開始とする。
※臨時休校などの連絡は、「ホームページ」「メール配信(絆ネット)」にて連絡しますので、問い合わせは学校にしないこと。

三重県北中部地方および自宅を含む地域に大雨洪水警報が発令されている場合の対応について

・交通機関に支障があるなど登校が困難な場合は、自宅待機し学校に連絡を入れる。
・始業後に大雨洪水警報が発令され公共交通機関への影響が心配される場合は、生徒の安全を最優先に考えて対応する。